理事長挨拶

  

     〈理事長〉 楠 凡之  北九州市立大学文学部人間関係学科教授


こんにちは。学童保育協会理事長の楠です。

 皆様方には日頃からの本協会へのご理解と支援に対して心より感謝申し上げます。

学童保育協会が発足して、まもなく丸二年が経とうとしています。

この間、香蘭女子短大学の会場をお借りして、学童保育指導員の認定講習会を平成24年度と25年度の2年間にわたって実施し、この29日で2回目の講習会を無事に終了することができました。

 また平成24年度に福岡県からの依託を受けて、放課後児童クラブ指導員対象の研修会を実施したことに続けて、平成25年度にも県からの委託を受け、県内の4カ所で各3回、計12回の研修会を実施し、のべ777人の指導員や学童保育関係者の方に参加していただきました。

 また、福岡県とともに、県内の2カ所で学童保育の指導員会の立ち上げ支援にも関わり、今までそのような学習の機会がなかった指導員の方々にも、継続的に学び続けることの意義について、ご理解していただけてきたように感じています。

 このように、多くの方々のご協力を得て、この2年間で当協会の活動が順調に発展してきていることを心からうれしく思っています。

 もちろん、そうはいっても、個々の学童保育(放課後児童クラブ)の運営には多くの困難さが存在しており、指導員の方の悩みも尽きないことも感じています。

29日の認定講習会の最終回の際にも、多くの指導員の方から、関わりに困難さを感じている子どもや家庭の事例が報告され、指導員の方がいかに困難な状況の中で日々悩みながら実践されているかを痛感しておりました。

 本年度の学童保育指導員の認定講習会は終了しましたが、認定講習会に参加し、学童保育指導員の資格を取得していただいた方にはフォローアップ研修会などを通じて引き続き、一緒に学び、支え合えるつながりを築いていきたいと願っています。


 なお、平成26年度には当協会の認定講習会を北九州市(会場は北九州市立大学)と長崎の大村市で実施することになりました。

 まだまだ小さな協会だけに、皆様方からのお力添えもいただきつつ、九州の学童保育指導員の方々の専門性と社会的地位の向上に向けて、ささやかな努力を今後も続けていきたいと思っております。

 これからも皆様のご指導・ご援助を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

山口県 放課後児童支援員認定資格研修について

今年度の当研修は終了しました。

 

福岡県 資質向上専門研修代替日程のお知らせ

今年度の当研修は終了しました。